Dependency Walker (depends.exe) のダウンロード場所、WindowsでEXEやDLLの依存関係を調査するツール

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Dependency Walker とは

Dependency Walkerの読み方は、ディペンデンシーウォーカーです。

Dependency Walkerは、WindowsでEXEやDLLが使っているライブラリ、依存しているライブラリを調査して表示するツールです。

Dependency Walkerはフリーソフトです。

ただし、お金を得て販売したり、または、他の製品にバンドルすることは禁じられています。

Dependency Walker is completely free to use. However, you may not profit from the distribution of it, nor may you bundle it with another product.

Dependency Walkerのダウンロードサイト、場所

Dependency Walkerのダウンロードサイトは以下の場所です。

http://www.dependencywalker.com/

Windowsのx86, x64以外に、Alpha、MIPS、PowerPC、IA64にも対応しています。

ただ、ほとんどの場合、Windowsの64ビット版だと思いますので、以下の場所からダウンロードすればよいです。

Download Version 2.2.6000 for x64 [468k]

zipファイルがダウンロードされるので、解凍すれば、実行ファイルdepends.exe が取得できます。

Dependency Walkerの実行方法、使い方、エラー、赤や黄色の意味

Dependency Walkerは、depends.exe を実行します。

Dependency Walkerの画面が表示されたら、Fileから調べたいEXEファイルやDLLを選択します。

すると以下のような画面が表示されれます。

ここで赤色で表示されたり、黄色で表示されているのは、依存関係で何らかのエラーが発生しています。

まったく問題がないものもありますが、依存関係に問題ないか調査する対象になります。

例えば、上記の

Warning: At least one delay-load dependency module was not found.

というのは、遅延バインディングのモジュールが読み込まれていないのだと思われます。

遅延バインディングについては以下にまとめました。

遅延バインディング(late binding, dynamic binding)と事前バインディング(early binding)
ちょっと聞きなれない言葉ですが、プログラミングのメカニズムとして 遅延バインディング(late binding...

Dependency Walkerの日本語版は?

Dependency Walkerの日本語版はないようです。

ただ、使い方は、めっちゃ簡単なので問題ないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする