ARとは何の略?C#で開発するには?VRとMRとの違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AR (Augmented Reality)とは何か?

ARとは、Augmented Realityの略で、日本語では拡張現実と呼ばれます。

ARの読み方は、エーアールです。

人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉です。

似た言葉として、VR(仮想現実、Virtual Reality)とMR(複合現実,Mixed Reality) があります。

ARとVRとMRの違い、比較

ARとVRとMRの違い、比較は次の通りです。

AR(Augmented Reality、オーグメンテッドリアリティ、拡張現実):

現実世界にデジタルの情報を付与する

VR( Virtual Reality、ヴァーチャルリアリティ、仮想現実):

仮想世界(もしくはデジタル化された現実世界)をあたかもそこにあるかのように体験できる

MR(Mixed Reality、ミックストリアリティ、複合現実):

仮想世界を現実世界に重ねあわせて体験できる

更に詳しくは以下の通りです。

マイクロソフト ホロレンズ(Microsoft HoloLens) とは何か?スペック、価格、MRとは?
VR元年と言われた2016年、VR関連の製品では様々な発表がありました。 主なものでは、Oculus ...

ARをC#で開発するには?

ARをC#で開発するにはARToolKitやNyARToolkitを使います。

ARTooKitとは

ARToolKitはARの研究のために開発されたソフトウェアライブラリであり、 奈良先端科学技術大学院大学の加藤博一教授によって開発され、ワシントン大学のHuman Interface Technology Laboratory (HIT Lab) によってサポートされている。

このライブラリを利用することで、ARアプリケーションを比較的容易かつリアルタイムに実装することが可能である。 なお、現在はオープンソースプロジェクトとして、SourceForge にホスティングされている。

↓ARToolKitをダウンロードするにはコチラです。

https://sourceforge.net/projects/artoolkit/

NyARToolKit for C#

↓NyARToolkitの公式サイトはコチラです。

https://nyatla.jp/nyartoolkit/wp/

NyARToolkit projectは、ARToolKitを元に実装したビジョンベースARライブラリを開発するプロジェクトです。Java/C#等のマネージドコードで動作するARToolKit互換のライブラリ、UnityやProcessing等の開発環境向けのパッケージを公開しています。現行のNyARToolkitは、旧ARToolKit 2.x系のマーカ認識機能と、2015年5月にオープンソース化されたARToolKit Professional(ARToolKit 5)のNFT機能を搭載しています。
NyARToolKit projectが公開するソフトウェアのライセンスはLGPLv3です。一部のユーティリティはMITライセンスでご利用になれます

ARの開発方法をオンラインで学習する

ARの開発方法をオンラインで学ぶにはUdemyをご覧ください。

↓Udemyの公式サイト
オンライン教育のUdemy

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする