スマートウォッチとは?人気で安いのはitDEAL?実用性と使い方は?

スポンサーリンク
パソコン・スマホ・タブレット

スマートウォッチって最近よく聞きますね。

あれは便利なんでしょうか?

必要なのでしょうか?

機能を調べてみました。

スマートウォッチとは?

スマートウォッチ (Smartwatch) は、小型のタッチスクリーンとCPUを搭載した、多機能な腕時計型のウェアラブルデバイスです。

スマホと連携して、LINEやTwitterのアプリの通知、メッセージ、電話の通話が可能です。

また、スポーツをする人、健康管理をしたい人向けにバイタルデータとして歩数・距離・消費カロリーなどの運動データの計測や、心拍数・睡眠記録などの活動量の計測が可能となっています。

 

スマートウォッチに代表される、いわゆるウェラブルデバイスは2013年ごろから世界中で注目されてきたものの、スマホほどの普及には至っていません。

実際、ウェラブルデバイスの代表的な企業だった Jawboneが倒産し、Fitbit、GoPro、Xiaomi もウェラブルデバイスは好調とは言い難いところです。

このあたりは以下の記事に詳しい。

ウェアラブルはオワコンなのか? Jawboneが倒産し、Fitbit, GoProも絶不調
かつては30億ドルもの評価額を記録したJawboneが近日倒産する見込みである。スタイリッシュなデザインのリストバンドが人気で、一時は日本からアメリカに来た人たちがこぞって買って行ったのを覚えている。 Jawbone社は1999年に創

 

では、スマートウォッチをOS別に見てみましょう。

アップルウォッチ (Apple Watch)

Apple Watchは、アップルが2015年に発売したスマートウォッチです。

OSは、watchOSです。

iPhoneやiPadほどの人気はないものの、スマートウォッチとしては最も売れています。

 

グーグル「Wear OS by Google」

Wear OS by Googleは、Androidベースのスマートウォッチ向けのOSです。

 

Tizen (タイゼン)

Tizen(タイゼン)は、LiMo Foundation、Linux Foundation、インテルが主導するTizenプロジェクトによる、スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、スマートテレビ、IVI用オペレーティングシステム (OS)。

異なるデバイス上で共通のユーザー体験を提供することを目標としたオープンソースのシステムである。

 

サムスンがTizenベースのスマートウォッチを発表しています。

 

Fitbit OS

Fitbit OSは、Fitbitが開発したOSです。

 

スマートウォッチ 実用性、使い方

スマートウォッチは、スマートフォンのように普及していないのが現状です。

多くの人にとってあれば多少便利、なくても何も困らないって感じなんだと思います。

 

スマホと連携させて便利な機能として電話があります。

手ぶらで電話出来るものの、そんなシーンは多いのでしょうか?

また、メールやアプリに使うには文字が小さすぎ。

 

最も使われるシーンは、スポーツ選手向けに血圧、脈拍などのバイタルデータの取得でしょうか。

 

スマートウォッチ、アマゾン、楽天で人気なのは?

スマートウォッチを買おうかどうか悩んでいる人、どんな商品がよいか分からない人は、アマゾンや楽天の売れ筋商品から探してみましょう。

 

売れ筋商品には目利きの人が選んだ安くてよい商品が多いです。

 

↓アマゾンのスマートウォッチ売れ筋ランキング

アマゾンのスマートウォッチ売れ筋ランキング

 

 

↓楽天のスマートウォッチ売れ筋ランキング

楽天スマートウォッチ売れ筋ランキング

itDEAL スマートウォッチはおしゃれ

アマゾンでも楽天でも人気なのがitDEALというスマートウォッチです。

日本人のほとんどの人は知らないと思いますが、ベトナムの会社です。

 

値段が安く、機能が豊富。

最初に使ってみるにはよいと思います。

 

↓itDEALのスマートウォッチはコチラ

 

・歩数や距離、消費カロリーのカウントなど活動量計としての機能
・心拍数や血圧の測定
・睡眠時間や深い眠り、浅い眠りをチェックができる睡眠診断
・電話やメール、LINEなどの着信通知
・女性ユーザーのための生理周期管理機能
・アラーム、ストップウォッチ、タイマー、スマホ捜索機能、防水など

 

コメント