ffmpegでaviをmp4に変換するとWindows Media Playerで再生できない?

スポンサーリンク
ITで知っておくべき知識

ffmpegを使うと、aviファイルを簡単にmp4 (H264)に変換できます。

ところが、作成したmp4ファイルがWindows Media Playerで再生できないので、理由を調べてみました。

ffmpegとは

ffmpegについては以下にまとめました。

ffmpegの最新バージョンの使い方、ダウンロードとインストール、コマンド
オープンソースの動画変換、再生で有名なプロジェクト ffmpegでは何ができるのでしょうか? FFmpeg とは FFmpegの読み方は、エフエフエムペグです。 FFmpegは、動画と音声を記録・変換・再生するためのオープンソース...

 

ffmpeg でaviをmp4 (h264)への変換方法

ffmpegを使ってaviをmp4へ変換してみます。

 

ffmpegの最も簡単な使い方は次の通りです。

 

そこで、以下のように変換してmp4を作成します。

 

outfile.mp4が作成されました。

ffmpeg付属のffplay.exeを使って再生することは出来ました。

ところが、このファイルをWindows Media Playerで再生してみたのですが、どういう訳か真っ黒に表示されて再生できません。

 

サイズか?YUVか?何かが原因で、Windows Media Playerで再生できないのではないでしょうか?

 

 

そこで、以下のオプションを使って、YUV420で変換してみました。

 

今度は、Windows Media Playerで再生できました。

 

YUV420が効いた?ということでしょう。

YUVとは?YUV420

YUVとは、色空間(カラースペース)の一種で、輝度信号(Y)と、青色成分の差分信号(U)、赤色成分の差分信号(V)の3要素によって色を表現する方式のことです。

 

YUV444

YUV422

YUV420

YUV411

がある。

 

ffmpegで変換する際、デフォルトはYUV444らしい。

YUV420に変換しないと、Windows Media Playerは認識しないのだろうか?

 

 

コメント

  1. […] […]