WEBサーバーとメールを分けて別サーバーにすると、ローカル配送のためWEBからメールが届かない

スポンサーリンク
サーバー設定

WEBサーバーとメールを別サーバーで運用した場合、WEBサイトからのお問い合わせメールが届かないことがあるようです。

調べてみると、WEBサイトを運用しているレンタルサーバーのローカル配信という機能が原因でした。

WEBサーバーとメールサーバーを別サーバーで運用

WEBサーバーとメールサーバーを別々のサーバーで運用することは、よくあると思います。

 

WEBサーバーとメールサーバーをDNSの設定で正しく設定すれば、通常は問題ありません。

WEBサーバーをAレコードで設定し、メールサーバーをMXレコードで設定します。

DNSレコードの種類 (A, CNAME, MX, TXT) 違いと書き方
DNSレコードの種類 (A, CNAME, MX, TXT) 違いと書き方についてまとめてみました。 Aレコードは、ドメインとIPアドレスの関連付け Aレコードは、ドメインとIPアドレスの関連付けを行います。 Aレコードの読み方は...

 

このように設定すれば、メールはMXレコードで設定された先に届けられます。

WEBサーバーからのお問い合わせメールが届かない

ある時、WEBサーバーからのお問い合わせメールの配信が、WEBサーバーと同じドメインのメールの当て先に届きませんでした。

MXレコードに書いてあるはずなのに、なぜ届かないです。

通常のメールは問題なく届きます。

 

うーん、問題をまとめてみると以下の通りです。

 

届くメール

  • 外部から送られてくる通常のメール

⇒ MXレコードに書かれていることは正しい。

 

 

届かないメール

  • WEBサイトからのお問い合わせフォームから送られたメール

⇒ MXレコードが無視されている?参照されていない?

 

 

原因を調べてみると、どうやら、メールのローカル配送が原因のようでした。

メールのローカル配送とは

メールのローカル配送とは、以下の現象です。

CPI のレンタルサーバーでは、メールを送信する際に、メールの宛先に指定されているメールアドレスのドメインがどこに存在するかを探し出します。通常であれば DNS サーバーのゾーンファイルに記述されたMXレコードで指定されたメールサーバーへメールを送信します。

しかし、メールを送信するサーバー内に、送信先のドメインが存在する場合は DNS サーバーの MX レコードの記述よりも、同じサーバー内にメールを送信することを優先します。

これにより、送信したはずのメールが送信先のメールサーバーに届かないような状態が発生します。

サーバー内へメールが送信されることを、「ローカル配信」や「内部配送」などと呼び、特にサーバーの移転の際にトラブルになることがございます。
また、ウェブサーバーとメールサーバーが異なるサーバーで運用している場合に、ウェブページのお問い合わせフォームで入力した情報が、メールサーバーではなく、ウェブサーバーと同じサーバー内に設定されたメールサーバー側に送信されてしまうことがございます。

https://www.cpi.ad.jp/support/faq/faq_func/faq_func_mail/support-556.html

 

これはCPIのレンタルサーバーの説明ですが、他のレンタルサーバーでも同様の現象が起こるようです。

例えば、GMOクラウド 専用サーバーのメール転送の仕組みは以下の通りです。

https://support.gmocloud.com/private/guide/users_guide/basic_mail_delivery.html

 

不具合の原因ともなっているローカル配送ですが、メリットもあります。

ローカル配送を使うと、わざわざ外部のDNSに対してMXレコードを問い合わせする必要がないために、メールをすぐに配信可能です。

mixhost (ミックスホスト) での解決方法

WEBサーバーとしてmixhostを使っている場合、メールのローカル配送の解決方法は次の通りです。

 

mixhost では cPanel 管理画面の中で

電子メール
⇒電子メールルーティング

という画面を開きます。

 

電子メールルーティングの画面を開いたら、

Configure Email Routing

  • 構成を自動検出
  • ローカルメールエクスチェンジャー
  • バックアップメールエクスチェンジャー
  • リモートメールエクスチェンジャー

 

この中から、

  • リモートメールエクスチェンジャー

を選びます。

これで、無事にWEBサーバーからもMXレコードを参照するようになります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました