Amazon Linux 2 とは?VirtualBoxでオンプレミス、ローカル環境で構築する手順

Amazon

Amazon Linux 2 について調べてみました。

WindowsのVirtualBoxにインストールしてみたので手順をまとめた。

スポンサーリンク

Amazon Linux 2とは

Amazon Linux 2は、Amazon の Linux オペレーティングシステムです。

AmazonのAWSでは、最も普通に使われているOSとなります。

Linux には、パッケージ管理等の仕様のためdebian系とredhat系の2つのディストリビューションがあります。

Amazon Linux 2は、RedHat 7がベースとなっているため、redhat系のディストリビューションです。

Amazon Linux 2とAmazon Linuxの違い

Amazon Linux 1 ≒ RHEL6 / CentOS6

Amazon Linux 2 ≒ RHEL7 / CentOS7

です。

したがって、両者の違いは次の通りです。

https://urashita.com/archives/1538

Virtual BoxにAmazon Linux 2をインストールする手順

Amazon Linuxは、AWSのクラウドサービスのみならず、ダウンロードしてオンプレミスでも使うことが可能です。

オンプレミスでのインストール方法は以下の通りです。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/amazon-linux-2-virtual-machine.html

 

seed.isoの作成

meta-dataとuser-dataを作成します。

meta-dataの中身

IPアドレス等はVirutalBox Host-Only Ethernet Adapterと合わせておきます。

 

 

user-dataの中身

 

seed.isoを作成します。

MobaXtermでISOファイルを作成しました。

 

Windows 10で、ISOファイルを作成するツールであれば、何を使ってもよいようです。

seed.iso のダウンロード

seed.iso を作成できない人のために、githubにpushしたので使ってみてください。

https://github.com/urashita/seedconfig

 

Virtual Boxイメージのダウンロード、設定

Virtual Boxイメージファイルをダウンロードします。

https://cdn.amazonlinux.com/os-images/latest/virtualbox/

 

Virtual Boxでは以下の通り設定します。

メモリは4GBにしておきました。

 

ストレージで seed.iso を設定します。

 

さらにネットワークを設定します。

ファイル ⇒ ホストネットワークマネージャー

を開きます。

ホストネットワークマネージャーに以下のように「VirutalBox Host-Only Ethernet Adapter」を追加します。

DHCPサーバーとして以下のように設定します。

サーバーアドレス 192.168.56.100
サーバーマスク 255.255.255.0
アドレス下限 192.168.56.101
アドレス上限 192.168.56.254

 

 

その後、以下のネットワーク設定を追加します。

アダプター1をNATにします。

 

アダプター2は以下の通りです。

割り当て:ホストオンリーアダプター
名前:VirtualBox Host-Only Ethernet Adapter

と設定します。

 

 

これで起動すると、以下の通り無事に起動しました。

 

Amazon Linux 2起動後の設定 (sshログイン、キーマップ、ネットワーク)

Amazon Linux 2を起動してログインします。

 

rootになります。

 

キーマップが英語なので、キーマップを日本語キーボードにしておきます。

 

パスワードでのSSH接続を許可します。

 

/etc/ssh/sshd_config

 

これで、Windowsホスト側からsshでログインできるようになります。

ネットワークの設定、ホストオンリーアダプター、NAT

VirtualBoxの ホストオンリーアダプター、NATの設定を使って、外部ネットワークに接続することが可能です。

 

ネットワークを確認します。

 

IPアドレスが、10.0.2.15 ????

 

これだと、ホスト側のWindowsからは、ssh でログインできません。

ただし、VirutalBox側からは、ホストのネットワーク (192.168.10.xxx) には繋がっているようです。

これは不思議。

 

NetworkManger をインストールして、network.service を再起動してみます。

 

 

再度、ネットワークを確認します。

 

無事に eth1 192.168.56.104 が作成されました。

これで、ホストのWindows側から ssh でログインできるようになりました。

 

タイムゾーンを日本に

UTCからJSTに変更します。

変更前の状態では「date」を実行するとUTC時間が表示されています。

 

タイムゾーンを変更するには、「/etc/sysconfig/clock」の設定を書き換えます。

次のように「ZONE」を「Asia/Tokyo」に変更しましょう。

 

 

続いてシンボリックリンクを作成します。

上記の手順を踏むと、JST時間が表示されるようになります。

 

 

Amazon
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うらしたをフォローする
スポンサーリンク
urashita.com 浦下.com (ウラシタドットコム)

コメント

  1. […] ・https://urashita.com/archives/31273 […]

  2. […] ・https://urashita.com/archives/31273 […]

タイトルとURLをコピーしました