DevOpsとは何か?ツール、CI/CD、アジャイルとの違い

ITで知っておくべき知識

DevOpsについて、よく一緒に出てくる単語をまとめてみた。

スポンサーリンク

DevOpsとは

DevOps は、Development:開発、Operation:運用の2語の頭文字をまとめたもので、開発(Development)担当者と運用(Operations)担当者が緊密に協力・連携し、開発を迅速に進める仕組みです。

DevOpsの読み方は、デブオプスです。

DevOpsとは、ソフトウェア開発と運用を組み合わせた一連のプラクティスで、システム開発のライフサイクルを短縮し、ソフトウェア品質の高い継続的デリバリーを実現することを目的としている 。

 

以下をDevOpsのステージとして捉える。

  1. 計画・Plan
  2. ビルド・コーディング・Create
  3. 検証・テスト Verify
  4. パッケージ Packaging
  5. リリース Release
  6. コンフィグレーション Configure
  7. モニター Monitor
  8. バージョンコントロール Version Control

DevOpsツール、ツールチェーン

DevOpsは概念的なものなので、単独でDevOpsツールはないようです。

DevOpsの各ステージをサポートするツールの組み合わせをDevOpsツールチェーンと呼ぶ。

継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)

継続的インテグレーション(CI)は、チーム内の協働の頻度を増やしてメンバーの仕事を統合するソフトウェア・エンジニアリング・プラクティスです。

継続的デリバリー(CD)は、CIで構築およびテストしたシステムをパッケージ化してデプロイします。

アジャイル開発とは

DevOpsと比較されるのがアジャイル開発ですが、両者は比較されるものではありません。

 

アジャイル(Agile)はDevOpsのような協力体制の話ではなく、具体的な開発手法を意味する言葉です。

アジャイルと比較される開発手法はウォーターフォールモデルでしょう。

アジャイルではウォーターフォールモデルと異なり、開発・リリース・改善を「イテレーション(反復)」という単位の短い開発期間をもって繰り返していく開発手法です。

アジャイルには「俊敏な」という意味があり、俊敏な開発・リリース・改善を行うことでシステム構築やサービス改善を行っていきます。

 

ITで知っておくべき知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うらしたをフォローする
スポンサーリンク
urashita.com 浦下.com (ウラシタドットコム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました