ファイラーFD, エディター VZ Editor, 通信ソフトWTERM, アーカイバLHA ~DOS 98時代の秀逸ソフト達~

スポンサーリンク
ITで知っておくべき知識

1980年代から1990年代の初頭にかけて、日本のパソコンはNECのPC-98シリーズの全盛期でした。

そんな中でMS-DOSで動作する、秀逸ソフトがいくつかありました。

振り返ってみましょう。

ファイラー FD (出井厚作、ファイル管理ソフト)

FDは、MS-DOSで動くファイラー、ファイル管理ソフト。

FDは File and Directoryの略です。

ここでのFDは、フロッピーディスクではありません。

 

FDはアセンブラで書かれており、ファイル一覧、ファイル名の変更、階層ディレクトリの移動などが、高速で容易に行うことが出来て使いやすいものでした。

 

FDは、1989年にNECに在籍していた出射厚 (いでい あつし) 氏が開発を始めたもので、フリーソフトの走りです。

MS-DOS時代では、マイクロデータ社のエコロジーっていうソフトがFDのコンペでした。

 

Windows時代になってからは、エクスプローラーでファイル操作ができるので、FDはだんだん使われなくなってきました。

Windows 10が主流の現在、FDのクローンが使われることはほとんどありません。

 

FDの製作者である出射氏は、2004年に逝去しました。

合唱。

WinFDとは?ダウンロード

Windows版のクローン WinFDっていうのもありました。

WinFD Home Page

WinFDは、FDのソースコードは全く使っていないクローンでシェアウェアです。

Windows 10でも動くようですが、開発は止まっているようです。

エディター VZ Edir (ヴイゼットエディタ)

VZ Editor(ヴイゼットエディタ) は、1989年にビレッジセンターが発売したテキストエディターです。

競合だったメガソフトのMIFESが数万円だったのに対して、VZ Editor は9,800円と安かったのでよく使われていました

 

ただ、Windows時代になってからは、秀丸、サクラエディタ、atom等に取って代わられました。

通信ソフト WTERM (ダブルターム)

WTERMは、フリーの通信ソフトです。

今のようにブロードバンド回線やインターネットが普及する以前は、NECのPC-VANや富士通のニフティサーブのような会員制のパソコン通信を使うのが普通でした。

パソコン通信ソフトの代表格が、WTERMでした。

 

当時、著名なパソコン通信ソフトとしては、他には、まいと~く、秀Term がありました。

 

ブロード回線が普及した現在では、これらのソフトは不要となりました。

アーカイバ LHA (エルエイチエー、ラー)

LHA (エルエイチエー、ラー) は、ファイルの圧縮・アーカイブを行うソフトウェアです。

圧縮・アーカイブされたファイルは、その拡張子からLHZ (エルエイチゼット) と呼ばれていました。

 

日本国内では、パソコン通信を中心に重宝され、ほぼ標準的な圧縮形式でした。

 

現在はアーカイバとしては、暗号化機能があり、ファイル名にUnicodeを使える世界標準のZIPが使われるのが一般的です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました