Kindle Fire HDX 7 16GB(19,800円)タブレット徹底的にを使ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Kindle Fire HDX 7 16GB(19,800円)を下のストアから購入しました。
Kindle Fire HDX 7 16GB タブレット

徹底的に使ってみましたのレビュー報告です。

※2015年9月30日にFire 8,980円で発売になりました。
以下にまとめてみましたのが、衝撃的な価格で今ならこちらもおススメです。
Amazon Fireタブレットが8,980円 (プライム会員 4,980円) 2015年9月30日発売

スポンサードリンク

Kindle Fire HDX 7 16GB購入経緯

私はこれまで、タブレットを持っている人を羨ましいと感じたことはある一方、自分が持つ事には少し否定的な考えを持っていました。

というのも、普段、仕事でWordやExcelといったドキュメント書いたり、メールを読んだり書いたりするノートパソコンと、電話で誰かと話をするためのスマホは絶対必要だと思います。

しかし、例えば客先などに行く場合、タブレットを持ったとしても、ノートパソコンもスマホも必要な訳には変わりなく、単に持ち運びするデバイスが一つ増えるだけと思うからです。

タブレットを持つことにより、ノートパソコンとスマホの両方を持たないで仕事が出来るなら一番よいのですが。

そんな中で、小型で安価なタブレットが出始めた頃から、仕事ではなく、個人でタブレットを持つなら結構便利かもと思うようになりました。

例えば、家で何かをインターネットで調べたいと思う時に、パソコンを起動するのは時間かかるし、一方、スマホだと小さくて操作しにくいので、小型タブレットはうってつけだと思うのです。

最近は1万円を切るような中華パッドも出ていますが、やはり、製品に安心できるメーカーのものを買いたいと思い、この度、Kindleを購入することとしました。

iPad miniは、高価で私的には、興味が持てなかったです。

熱狂的なファンが多すぎて、少し冷めた目で見ていたからです。

 

さて、いったん、Kindleを買うことを決めたものの機種が多くて、どれにするべきか悩んでいました。

以下にカタログスペックでの比較がありますが、イマイチわかりにくいです。

Kindleの比較

Fireタブレットの比較

機種とメモリサイズも含めると全部で13種類の選択肢になります。

そこで、私なり買うためのポイントを整理してフローチャートを作ってみました。

フローチャートは以下の記事の通りです。

Kindle, Fireタブレット 機種選び、容量8GB, 16GB, 32GB, 64GBを選ぶ

この結果、出来れば映画を見たりもしたいけれど、それほどヘビーユーザーでもないし、安価なものがよいと思い、Kindle Fire HDX 7 16GB(19,800円)を購入することになりました。

画面が白黒だと地味だし、あまり高いのも買いたくないっていうと、この機種になるのです。

アマゾンで注文したのは12月16日で、家に届いたのは12月18日です。

スポンサードリンク

Kindle Fire HDX 7 外観

Kindle Fire HDX 7の箱です。

DSC08993

ビデオテープぐらいの大きさです。

 

箱を開けてみたところです。

DSC08995

アップルに似てなんとなくおしゃれな感じです。

本体の大きさを一言で言うと、スマホを少し大きくした感じです。

最初の印象は正直、「小さ~」って思いました。

薄いマニュアルが付属しますが、世界共通になっているらしく日本語はほとんど使い物にならないペラペラの1ページだけです。

 

大きさをLenovoDIGNOと比べてみました。

DSC09008

 

前から見たところです。

DSC09029

デフォルトのSilkブラウザで表示しています。

スマホサイズではなくて、フルブラウザとして動くようです。

ただ、ちょっと7インチ画面でフルブラウザは小さいかな。

 

ストリーム系の映画も見ることが出来ます。

DSC09051

iPadも含めて、この種のタブレットは何故か後ろにスピーカーがありますね。

私は以前から疑問に思っていましたが、スピーカーが後ろにあるために、音量が小さく聞こえます。

 

後ろから見たところです。

DSC09011

電源ボタンと音量ボタン、スピーカーがあります。

バッテリーなどの取り外しは出来ないようです。

 

横から見たところです。

DSC09053

薄いです。電源を挿す場所がMicro USBの端子になっています。

スポンサードリンク

Kindle Fire HDX 7 使用感

個人的に使ったことがあるタッチパネルの操作性・反応について個人的な感想は以下の通りです。

iPad or iPhone ≧ lenovo or Kindle Fire HDX 7 > DIGNO S KYL21 ≫ サンヨーGorilla(カーナビ)

(サンヨーGorillaを比較対象としていることは、ほとんど冗談ですが、ホントにGorillaのタッチ感は悪かった)

タッチパネルについては、AppleのiPadやiPhoneに一日の長があるような気がしますが、Kindle Fire HDX7も、タッチ感にはほとんど違和感なく使えます。

すごくスムーズ。マルチタッチも問題ありません。

 

バッテリーの持ちはカタログスペック通りでしょうか。

通常は11時間、書籍のみの場合は17時間です。

 

カメラは普通に前についています。

あくまでテレビ電話用ですね。

写真撮影とかにはあまり向いていないと思います。

 

普段、Wi-Fi接続で使っていますが、プロセッサとかストレージとかの速さでもたつく感はありません。

Kindle Fire HDX 7 まとめ

最新のiPhoneとかスマホとかが6万円とかすることを考えると、19,800円で、このスペックなら申し分ないです。

想像より満足しています。

        

今後、書籍を読むためにはあまり使わないと思います。

あくまで、自宅でちょっとしたことを調べるブラウズとかメインに使おうと思っています。

ちなみに、Fire HD 6やFire HD 7にはボディカラーとしてよりカラフルなシトラス、ピンク、ブラック、ブルー、ホワイトを選ぶことができますが、Fire HDX 7はブラックのみです。

2015年6月30日発売のKindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

グラフィックが綺麗なKindle Fire HDX 7ですが、本を読むだけの人にはKindle Paperwhiteの方をおすすめします。

Kindle Paperwhiteは地味にも見えますが、本を読むにはまるで印刷物のように違和感なく見えます。

Amazon.co.jpで最も売れている電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite 」が、さらに進化して登場しました。
300ppiの高解像度で、表示される文字は今まで以上に印刷物のようにくっきりと美しくなっています。
Amazonプライム会員は、Kindleと新しくなったPaperwhiteを通常価格よりもさらに4,000円お安く買うことが出来ます。
また、プライム無料体験中の人は、対象商品の購入でAmazonギフト券をゲットできます。

■プライム会員の人
Kindle Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー」、「Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき」が下記クーポン利用で4,000円OFF
クーポンコード:PRIMEPRICE

■プライム無料体験中の人
Kindle Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー  」、「Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき」を購入すると、Amazonギフト券4,000円分プレゼントです。

■プライム会員以外の人
プライム無料体験にお申し込み後、「Kindle Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー 」、「Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき」購入でAmazonギフト券4,000円分プレゼントです。

2015年9月30日発売のFire 8,980円

2015年9月30日にFire 8,980円で発売になりました。
以下にまとめてみました。
Amazon Fireタブレットが8,980円 (プライム会員 4,980円) 2015年9月30日発売

外出先でも高速でKindleを使おう!

Yahoo WiFi

Kindleを持って公園のベンチで本を読むのはおしゃれですよね。

スマホは画面が小さいし、パソコンは公園のベンチで眺めるのは使いにくい。そんな中で、外出先でも高速インターネットにつなげてKindleを使ってみたいと思う人に朗報です。

Yahoo!からモバイルルーター新登場!
業界最安の月額2,743円!(税抜)【Yahoo! WiFi】はこちら です。

これを使うと初期費用は3,000円のみ、Yahooプレミアム会員(6ヶ月無料)は2,743円/月でWiFiが使い放題です。

ウェブからのお申し込みで、最短翌日に到着します!

ルーター機能に加え、テレビチューナーを搭載しており、この機種とWi-Fi接続をすることで、テレビ機能を搭載していないスマートフォンやタブレットでもテレビ視聴が可能になります。

これがあれば、自宅の光回線など必要ないです。

月額利用料金 2,743円 / 月 ※
ユニバーサルサービス料 4円 / 月
Yahoo!プレミアム会員費 月額380円6カ月無料
契約事務手数料 3,000円(初回のみ)
送料 0円
端末代 0円

Nexus 7がタダで配られてWiFiルーターになる

Nexus 7がタダで配られて、それがWiFiルーターになって、初期費用3,000円、月額 3,695円というプランが、Broad EMOBILE LTEです。
以下の記事にまとめました。
Nexus 7がWiFiルーターになって月額3,695円 (Nexus 7はタダ)

早く知っておけばNexus 7買わなかったかも。FireとNexus 7の2台持ちが出来ますね。

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

[関連製品]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です