Javaでオブジェクト指向的な「あみだくじ」プログラムを作ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Javaでオブジェクト指向的な「あみだくじ」プログラムを作ってみました。

オブジェクト指向的な考え方とプログラムのサンプルにお使いください。

スポンサードリンク

Java「あみだくじ」プログラム概説

以下の考え方でオブジェクト指向的あみだくじプログラムを作ってみました。

  • 汎用的なあみだくじを作るクラスAmidaKujiクラスを作る
  • 実行クラスであるRunAmidaKujiクラスから、AmidaKujiクラスのインスタンスを生成する

 

image

 

スポンサードリンク

「あみだくじ」プログラム実行時のスクリーンショット

「あみだくじ」プログラム実行時のスクリーンショットです。

「初期化」で下の数字がランダムで変更されます。

「あみだくじ生成」を押すとランダムであみだくじを生成します。

GW-02809

 

人数を変更することも可能です。

GW-02810

 

スポンサードリンク

Java「あみだくじ」プログラム全文

以下のプログラムは、Eclipseで実行出来ます。

RunAmidakuji.java

 

Amidakuji.java

「あみだくじ」プログラムまとめ

このプログラムだけで、Swingやスレッドの基本的な理解もできると思います。

あみだくじのロジックは、交点とぶつかれば必ず曲がるということで、わかりやすいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です