Windowsのコマンドプロンプトを英語モードに変更する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LinuxではLANGなどの環境変数を使ってコマンドプロンプトを英語環境に変更することができるのですが、Windowsではそのような環境変数はないようです。
今回、Windowsのコマンドプロンプトを英語モードに変更する方法を調べてみました。

スポンサードリンク

Windowsのコマンドプロンプトを英語モードに変更する

Windowsでコマンドプロンプトのロケール(コードページ)を変更するコマンドは、chcpです。
これは、"Changes the active console code page"のことです。

ここで日本語のコードページは932で英語のコードページは437です。
普通に引数なしで、chcpを実行すると現在のコードページが表示されます。
引数に932または437を与えるとそれぞれのコードページに切り替わります。

引数に437を与えて実行します。

WS000017

 

以下のように英語モードに切り替わりました。

WS000014

このコマンド、英語環境でしか動作しないようなプログラムの場合、意外と便利なんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です