アメブロからWordPressへの移行方法とWordPressブログのはじめ方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

 

先日、アメブロをやっている友人からアメブロからWordPressへの移行方法について質問されました。

アメブロは、芸能人や有名人が沢山やっているし、個人の趣味のブログなら簡単に始められるのでよいと思います。

一方で、規約違反するとアカウント抹消されたり、凝ったデザイン、アドセンスによる広告収入などは見込めません。

そこで、アメブロからWordPressへの移行方法とWordPressブログの始め方をまとめてみました。

 

 

スポンサードリンク

WordPressの始め方

まずは、引っ越し先であるWordPressの準備をします。

 

WordPressについて根本的な勘違いをしないように以下の記事もご覧ください。

wordpress-logo
とある場所での会話。「WordPressって流行っていますよね。使おうとしたんだけど、月額1,000円、年間12,000円ぐらいかかるみたい。」なるほど、確かに...

 

ちなみにWordPressは世界で最も普及したCMS(コンテンツマネジメントシステム)と言えるでしょう。

piechart
今日はコンテンツマネジメントシステム、CMSのシェアの話題です。コンテンツマネジメント(CMS)のシェアコンテンツマネジメントシステム(CMS)とは、WEBサイ...

 

独自ドメインの取得

WordPressでブログを書くなら、独自ドメインを取得しましょう。

ムームードメイン などのレジストラでドメインを購入します。

ドメインは年間1,000円程度です。

.xyzとか.clickとか.tvとか初年度は100円以内で買えるようなドメインもありますが、SEO的に不利との考え方もあり、お勧めしません。

よって、ドメインについては、.xyzとか.tvなどのような、特殊なトップレベルドメインや日本語ドメインは避けて、トップレベルドメインを".com"にしたアルファベットの名称を選びましょう。

レンタルサーバーの契約

次にレンタルサーバーを契約します。

最初のうちは、以下のレンタルサーバーで月額250円のライト版(容量50GB)で十分です。

★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★

 

レンタルサーバーはほとんどの場合、WordPressに対応しているので、安心して契約できるところを選べばよいです。

無料のレンタルサーバーは、広告が表示されるのでおすすめしません。

 

また、ドメインを購入する会社とレンタルサーバーは別々の会社でも問題ありませんが、同じ会社だとDNS設定がより簡単になることもあります。

 

取得ドメインのDNS設定とWordPressのインストール

レンタルサーバーを契約したら、レンタルサーバーの管理画面からWordPressをインストールします。

たいていの場合、画面からメニューに従って簡単にインストールできます。

 

次に、取得したドメインの管理コンソールからネームサーバーの設定(DNSの設定)をしておきます。

ネームサーバーの設定画面から、契約したレンタルサーバーのIPアドレスを指定しておきます。

こうしておけば、短ければ瞬時に、最大でも1日程度で自分のブラウザから、http://(取得したドメイン名) でWordPressの管理画面にログインできるようになります。

 

こちらは「お名前.com」の管理画面でDNSを設定した例ですが、ムームードメインとか他のレジストラでも同じことが出来ます。

xserver
私は、レンタルサーバーとして99円レンタルサーバーとエックスサーバーの両方を使っています。これらの特徴については以下にまとめてあります。おすすめのレンタルサーバ...

 

WordPressのテーマ

WordPressの管理画面にログインして、WordPressのテーマを選びます。テーマは最初は無料でよいと思います。

 

 

あたりがおすすめです。

なお、当ブログはSimplicityを使っています。

 

WordPressのプラグインのインストール

次に、WordPressのプラグインをインストールします。

プラグインは山ほどあるので適宜必要になったときにインストールするので構いませんが、初期にインストールをおすすめするのは以下のプラグインです。

 

  • All In One SEO Pack
    SEOを文字通りワンパッケージでまとめたものです。

 

  • Contact Form 7
    お問い合わせページをショートコードを使って簡単に作れます。

 

  • Google XML Sitemaps
    XML形式のサイトマップを作ってGoogleやBingにサイトの更新をしてくれます。

 

  • WP-CopyProtect [Protect your blog posts] 右クリックを禁止出来ます。これはお好みで。

 

  • TinyMCE Advanced
    WordPressのWYSIWYG(What You See Is What You Get)エディターを拡張してくれます。

 

  • BackWPup
    WordPressのバックアップをしてくれます。

 

  • GM Block Bots
    悪名高いbuttons-for-websiteなどのリファラースパムをブロックしてくれます。
    リファラースパムについては以下をご覧ください。
nospam
ロシアからのリファラースパムがあまりにも多いのでまとめサイトを作りました。すぐに解決したい人は、途中は飛ばして最後の「2015.03.09追記スパム手口と抜本的...

 

  • Shortcodes Ultimate
    きれいな記事を作るためのショートコードを提供してくれます。

 

プラグインは山ほどありますが、どれもこれも入れると重くなることがあるので厳選したほうがよいです。

 

 

Windows Live Writerのインストール

WordPressのVisual Editorで記事を書くのもよいですが、さらに簡易にするにはWindows Live Writerがお勧めです。

Windows Live Writerはワープロに文字を書くような感覚でブログ記事を書いて、WordPressのアップすることが出来ます。

Windows Live Writerは、Windows Essentials 2012の中に入っていて、Windows Essentials のサイトから入手できます。
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-live/essentials

 

新しいパソコンの場合、あらかじめインストールされていることもあります。

Windows Live Writerについては以下をご覧ください。

wordpress-logo
WindowsLiveWriterのインストールメモです。WindowsLiveWriterのインストール手順WindowsのWordPressでブログを書く際...

 

スポンサードリンク

アメブロからWordPressへの記事の移行方法

アメブロからWordPressへ移行します。

 

アメブロのデータをツールでバックアップ

無料のバックアップツールとしてよく紹介されているものが「blog tool」です。

最終的にはMovable Type(MT)形式(いろいろなブログで記事を取り込むことができる形式)に変換可能ですが、「画像」まではバックアップが取れないという欠点があります。

 

最新版はVer 0.0.23です。

label 2015.01.17 Ver 0.0.23

2015.01.17 Ver 0.0.23
・livedoor 用のMTファイル出力で、新しいほうのスキンの場合のコメントの改行タグをLFに
変更するのが抜けていました。LFにするよう変更しました。

 

このツールを使ってアメブロのバックアップを行います。

 

ファイル形式をMT形式に変換

次に、アメブロの記事をMT形式に変換してエクスポートします。

MT形式に変換しておけばブログを引越しする場合にインポートする事ができます。

 

「ame-0.0.23」⇒「dist」と進み、「ame_conv_mt-0.0.23」をクリックします。

すると、「2016-日付-mt」「2016-日付-mt-seesaa」「2016-日付-mt-FC2」の3このファイルが作成されます。

 

これらはどれを選んでもWordPressにインポートできるので、1つ選んでWordPressにインポートします。

 

WordPressにインポート

WordPressの管理画面から「ツール」⇒「インポート」を選びます。

image

「Movable Type and TypePad」をクリックします。

 

その後は、メニューに沿ってすすめばインポートが完了します。

 

記事やリンク、画像の修正

一番面倒な作業です。

元ブログが存在している場合は画像のリンクはこのままでも画像を表示可能ですが、元ブログを削除すると画像は表示されなくなるので画像をWordPressに再度アップして貼りなおす作業が必要になります。

記事内リンクも同様です。

 

アメブロの後処理

これは実に悩ましいです。

WordPressからWordPressへの引越しなら、301リダイレクト”Permanent Redirect”「恒久的な転送」にしておけば、Googleも引っ越したことを認識するので、過去の評価をすべて引き継いでくれます。

ただ、アメブロからWordPressへの引っ越しを検索エンジンに正しく伝える方法がないので、基本はアメブロのコンテンツを削除する方が望ましいと思われます。

なぜなら、まったく同じコンテンツが2つのサイトにあるのはGoogleからは重複コンテンツと見なされ問題になるからです。

 

ただ、すぐにアメブロを削除してしまうと、アメブロで自分のサイトに来てくれていた訪問者も路頭に迷う事になるので、アメブロのサイト全体を削除するのではなく、アメブロの記事だけを削除し、サイト自体は残すのがよいでしょう。

そして新規投稿でサイトの移転お知らせと新URLのリンクを貼っておきます。

これならサイトの評価を少しは引き継ぐ事も可能となるかな。。

 

スポンサードリンク

アクセス解析とお金稼ぎ

アクセス解析やお金の稼ぎ方のまとめです。

 

アクセス解析 Google Analyticsの登録

アクセス解析として、Googleアナリティクスに登録します。

https://www.google.com/intl/ja_JP/analytics/

Google Analyticsで取得したトラッキングIDをWordPressのテーマで入力しておきます。

 

以下は注意事項です。

Google-Analytics
直帰率が低すぎるブログ運営を約6ヶ月行ってきて先日、致命的な問題に気づきました。GoogleAnalyticsトラッキングIDが重複していたために、直帰率が異常...

 

何か参考になる書籍を見たいなら以下をご覧ください。

 

Google Search Consoleの登録

Google Search Consoleは以前は、Google Webmaster Toolと呼ばれていたものです。

自分のサイトを検索エンジンに正しく伝えるのに役立ちます。
https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

Google AnalyticsとGoogle Search Consoleは連携させることが出来るので連携させておくとよいでしょう。

 

Google Adsenseの登録

ある程度サイトが完成したら、マネタイズのためにGoogle Adsenseに登録します。

サイトが完成して1ヶ月程度記事をアップしてから審査してもらうとよいでしょう。
https://www.google.com/adsense

 

Google Adsenseは規約が厳しいので、事前に以下の点を確認しておくとよいでしょう。

google-logo
ポリシー違反に厳しいGoogleAdsenseですが、ついに私もポリシー違反をおかしてしまい、一時的に広告停止になりました。復旧するまでに10日ほどかかったので...

 

アドセンスは以下の本が有名なので参考になると思います。

サイトを検索エンジンに登録

Google Search Consoleを使ってもよいですが、以下のようにサイトを検索エンジンに登録します。

searchengine
以下のようにWordPressなどで、初めて、WEBページを作成したとします。WordPressで作るペラサイトの作り方(アフィリエイト)アメブロからWordP...

 

まとめ

いかがでしょうか?

アメブロからWordPressへの移行、やる気になれば半日で終わらせることが出来ます。

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です