無料VPSの比較・Haphost(旧Host1Free)を使ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

海外製の無料VPSの比較・・・ほとんど使えない

日本製のVPSと言えば、さくらのVPSかお名前.comのVPSかServersManのVPSあたりが最安でしょうか。
日本製の無料VPSは私が調べる範囲では存在しないようです。
一方、海外では無料を謳っているVPSは結構あります。
ただ、まともに使えるものはほとんどありません。
以下、私が試したものです。

Haphost(http://haphost.com/) 旧Host1Free

海外製のVPSで唯一使えるようになりました。
今後、使ってみて、また状況を報告したいと思います。

GuHat Free VPS Hosting(http://guhat.com/vps.php)

申し込んでも1ヶ月以上全然連絡来きません。
複数回問い合わせても結局回答が来なかったです。

GratisVPS.Net(http://gratisvps.net)

image
セットアップの途中で、Human Verificationと称して
Download Video Player for playing FLV video
Download Online Weather
Download the Ultimate Fire Compressor Free
Keep your PC running smoothly and efficiently
Take this survey continue
という感じで、ウィルスっぽいフリーソフトをインストールしないと進めなくなります。
もちろん、インストールはやめた方が無難です。

これら以外には、
3jelly(http://www.3jelly.com/)
5jelly(http://5jelly.com/)
HOST1FREE(http://www.host1free.com)
VPS.me(http://www.vps.me)

などがありますが、たいていは、ウィルスっぽいソフトをインストールすることを促すサイトか、友達紹介を促すサイトか、まったくサイト構築まで進まないサイトです。
とにかく無料VPSを謳っているサイトでまともなところはほとんどないです。

スポンサードリンク

無料VPS・Haphost(旧Host1Free)を使ってみた

そんな中で、唯一、使うことができたのがHaphost(旧Host1Free)です。
9/1に申し込んだのですが、使えるようになったのが9/19です。申し込み後の準備に18日間もかかっています。
申し込み方法は以下の通りです。
image
http://haphost.com/からユーザー名とパスワードを設定して申し込みます。

image
Haphostにログイン後、上記のように「Your VPS Service request is submitted. Please wait for admin confirmation.」の状態がずっと続きます。
お問い合わせ先もよくわからないし、このままVPSにアクセスできないままかと半分あきらめていました。

 

申し込みから18日後。

image

Dear user,
Your account has been granted access to module ovzp.
To start using Haphost free hosting service please go to your
control panel.

申し込みから待つこと18日間、忘れたころに上記のようなメールが届きました。

 

さっそくコントロールパネルにログインします。

image
Haphostのコントロールパネルにログイン後にVPSを作成します。
Locationは、JohannesburgとFrankfurt(ヨハネスブルグとフランクフルト)
OSは、centos、debian、ubuntuからの選択になります。
私は、Frankfurtとcentos-6-x86_64(Centos 6 64bit)を選択しました。
日本から使うなら、正直場所はどこでもよいと思います。

 

このままコントロールパネルから申し込むとすぐに、ログイン用のIPアドレスとrootのパスワードがメールで送られてきます。
VPS構築は早いです。
そこで、さっそくsshでログインしてみました。

一通りは使えそうですが、コマンドで使う範囲でも速度はとにかく遅いです。

コントロールパネルにログインしてダッシュボードを見てみます。

image
ダッシュボードからは一応、統計情報を取得しています。
Virtual Consoleというメニューもあり、ブラウザ越しにコンソールにアクセス可能です。

スポンサードリンク

Haphost(旧Host1Free)の使い道

CPU、メモリ、ディスク、回線スピードなどとにかく遅いですが、他の無料VPSがまったく使えなかったことを考えると、最低限の機能は備えていると思います。
sshでログインでき、rootユーザーで作業可能。コントロールパネルからはコンソールにもアクセス可能です。
ブログ運営などのサービスには遅すぎるのでやめた方がいいです。
バックアップ系とかテストには使えると思います。

無料VPSのまとめ

海外の無料VPSは総じて使い物にならないです。
Haphost(旧Host1Free)は唯一アクセスまでいきましたが、他の無料VPSについてはサイトの状況、アクセスまでたどりつく手順を調べるだけで大変。また調べてみても結局使い物にならないものばかりです。
ブログ運営なのでサービスを考えているなら、さくらのVPS 2G お名前.com VPS かServersManのVPSあたりのサービスから自分の用途、予算にあったVPSを選択することをお勧めします。
さくらのVPSについては以下の記事をご覧ください。
さくらインターネットのVPSを2週間試用しCentOS 7をインストールしてみました

最安はServersManの1ヶ月467円でしょうか。

2014.10.13追記: Haphostは更新手続きが必要

Haphostを始めて一ヶ月もたたないけれど、更新が必要とのメールが届きました。
image

無料だとロクに使わずにそのまま放置する人もいるでしょうから、更新手続きが必要なのは理解できます。
スパムメールなどに埋没しないように注意が必要です。
メール受信後に更新するまでの猶予は2週間程度しかないのでメールを受信したら即、更新しましょう。
更新方法は、メールの本文にある「You can get your code at xxx」のURLをクリックしてコードを取得後、http://manage.haphost.com/renewalsを入力して更新します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] DigitalOceanのVPSは月$5です。月額500円という感覚でこれまで利用していましたが、気付けば円安も進み現在では月額600円程度です(それでも十分安いとは思いますが)。いい機会なので 100円をケチって、格安VPSサーバを探してみたところ、無料で使えるVPSが世の中には存在するようです。いくつかある中から、今回はHaphostを試してみます。浦下.comさんの記事を参考にアカウント作成すると2週刊程度でVPNの準備ができたとメールが届きました。インスタンスはCentOS5、6、Debian6、7、Ubuntu12.04〜13.10が選択可能です。Debian 7.0で新環境を構築します。ちなみに、リージョンはフランクフルトにしました。ヨハネスブルグも利用可能ですが、ヨーロッパの方がスループットは良さそうな気がしたので雰囲気でフランクフルトにしました。 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です