mixhost (ミックスホスト) SSL無料のレンタルサーバー (エックスサーバーから引越し)

レンタルサーバー

少し前までは、エックサーバーが最もよく使われているレンタルサーバーでした。

独自ドメイン付きのエックスサーバー(XSERVER)に申し込んでみた
安価で高速・多機能なレンタルサーバーであるエックスサーバー(XSERVER)がドメインプレンゼントキャンペーンをやっ...

ところが、最近、mixhost (ミックスホスト) が注目を浴びています。

そこで、早速、mixhost を使ってみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

mixhost (ミックスホスト) とは

mixhostは、月額480円からご利用いただける、高速・高機能・高安定性を追求した、初期費用無料のピュアSSD採用高性能クラウド型レンタルサーバーです。

レンタルサーバーとしての使いやすさと、クラウドのスケーラビリティを融合した、いいとこ取りのレンタルサーバーです。

mixhost の特徴をまとめると以下の通りです。

■ 高速性の追求
・高速性を追求し、一般的なWebサーバーであるApacheよりも数十倍~数千倍高速で
完全な互換性を持った「LiteSpeed」Webサーバーを日本で初めて採用!
・最新のピュアSSD構成のハイスペックサーバーを採用!
・国内最大級732Gbpsの高速バックボーン!
・WordPressをより高速化する「LiteSpeed Cache」を標準でご提供!

■ 充実の高機能
・月額480円からの高コストパフォーマンス!
・マルチドメイン、メールアドレス、データベース、FTPアカウント無制限!
・世界トップシェアのコントロールパネル「cPanel」を採用!
・PHP7、MySQL、SSH、Cronなど多数の機能に対応!
・WordPressなど数百種類の人気のアプリケーションを簡単インストール!

■ レンタルサーバーとクラウドのいいとこ取り
・サーバーリソースを、契約プランに応じて独立制御!
他のユーザーの影響を受けにくく安定したサービスを提供!
・運用規模に合わせてリソースの増減自由自在!

■ 高安定性・高セキュリティ・バックアップ
・サーバー稼働率99.99%以上の安定性!
・WAF、ウイルススキャン、スパムメールフィルタを標準搭載!
・大切なデータを保護する為、1日1回、遠隔地に自動バックアップ!
・過去14日間分のデータから無料でいつでも簡単復元!
・高速にアクセスできる日本リージョンでアダルトサイトにも対応!

■ 30日間無料お試し
・業界最長クラスの30日間無料お試し!
納得できるまでじっくりお試しいただけます!

一番、特徴的なことは、すべてのプランがSSDであることでしょうか。

また、今は流行のSSL (https) に無料で対応しています。

mixhost を使ってみた

mixhost を以下のURLから申し込みます。

↓mixhost の申し込み
クラウドレンタルサーバー

料金プランは

エコノミー 480円

スタンダード 980円

プレミアム 1980円

ビジネス 3980円

ですが、迷った時は、スタンダードでよいでしょう。

スタンダードは、以下のようにSSD30GBです。

ディスク容量 SSD 30GB
マルチドメイン 無制限
メールアドレス 無制限
MySQL 無制限
PHP7 / PHP5 対応
自動バックアップ標準搭載
初期費用 無料
30日間無料お試し

アプリの操作は cPanel

レンタルサーバーのアプリ操作は、cPanel が使えます。

cPanel (Control Panel) は、サイト管理を容易にするためにグラフィカルにデザインされた、ウェブベースのウェブホスティングコントロールパネルです。

cPanelは、cPanel Inc.が配布しており、プロプライエタリ・ソフトです。

商業ベースのウェブホスティングサービスによる利用を目的としたソフトウェアでWEB管理としてはときどき見かけますね。

mixhostのcPanelは、だいたい日本語化されています。

ここから、WordPressのインストールなどを行うことが可能です。

WordPress を他のレンタルサーバーから mixhost へ移行する方法

私の場合、エックスサーバーからmixhostヘ使っているWordPressのサーバーを引越ししました。

引越し手順は次の通りです。

元のWordPressのバックアップ

まず、元のエックスサーバーの方で、WordPressの管理画面からBackWPupでバックアップしておきます。

手順は以下の通りです。

WordPressのプラグインBackWPupを使ってバックアップ&リストア手順
WordPressのプラグインBackWPupを使ってバックアップ、リストアを行ってみました。 手順は以下の通...

バックアップしたファイル

backwpup_xxxxxxx_2014-10-25_12-13-07.tar.gz

を手元のパソコンにダウンロードしておきます。

mixhostで引っ越すドメインを追加

次に、mixhostの管理画面から、引越しする予定のドメインを追加しておきます。

mixhostでは、cPanelを使います。

サブドメインは、勝手に入ってくるのでそのままでよいようです。

www とかは入れられませんでした。

また、ドメインの追加は無制限のようです。

ドメインを追加すると、以下のフォルダが追加されます。

/home/(ユーザー名)/public_html/(追加したドメイン名)

ここで、先ほどバックアップしたファイルをcPanelのファイルマネージャーを使って

/home/(ユーザー名)/public_html/(追加したドメイン名)

にコピーして、tar.gzやzipで圧縮されたフォルダを展開しておきます。

データベースの作成

/home/(ユーザー名)/public_html/(追加したドメイン名)/wp-config.php

を開いてみます。

DB_NAME (データベース名)

DB_USER (データベースのユーザー名)

DB_PASSWORD (データベースのパスワード)

をメモしておきます。

DB_HOSTは、mixhostの場合、locahost なので、localhostと書かれていない場合は、localhostに書き換えておきます。

cPanelの「MySQLデータベース」を押してデータベースを作成します。

データベース、ユーザーを追加します。

先ほどメモした、DB_NAME,DB_USER,DB_PASSWORDを使いたいところですが、mixhostのcPanelの場合、DB_NAMEやDB_USERには、必ず頭にmixhostのユーザー名が入ってきてしまいます。

やむを得ず、mixhostのユーザー名が入ったものを入力します。

また、DB_PASSWORDは強度が強いもの(65)以上しか入力できないようです。

やむを得ず、変更する場合は変更したものをメモしておいてください。

そして、ユーザーをデータベースに追加します。

ユーザー権限の管理では、すべての権限にチェックを入れておきます。

これでデータベースの作成が完了しました。

以下のファイル

/home/(ユーザー名)/public_html/(追加したドメイン名)/wp-config.php の

DB_NAME (データベース名)

DB_USER (データベースのユーザー名)

DB_PASSWORD (データベースのパスワード)

も新しく作成した、データベース名、ユーザー名、パスワードに変更しておきます。

データベースのリストア

データベースのバックアップは

/home/(ユーザー名)/public_html/(追加したドメイン名)/xxxx.sql

です。

これを、先ほど作成したデータベースにリストアします。

私の場合は、以下の方法を使って、cPanelのSSH設定を使いました。

https://support.mixhost.jp/544

ターミナルエミュレーターは、Poderosaを使っています。

ITエンジニア向け・開発を便利にするお勧めのフリーソフト8選 Cygwin, Poderosa, Gimp, VMware
私が使っているお勧めのフリーソフトを8個まとめてみました。 これらは主にはサーバー系、ネットワーク系のプログラ...

sshでログインしてmysqlのコマンドラインからデータベースをリストアします。

このやり方が難しい人は、以下のようにcPanelのphpMyAdminを使ってインポートする方法をおすすめします。

https://support.mixhost.jp/375#MySQL-2

これで移転作業は終わりです。

mixhost動作確認のテスト

手元のパソコンでmixhostで構築した新しいサイトが正しく動作するかを確認します。

メモ帳を「管理者として実行」を押して

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

を開きます。

一番下に以下を追加します。

ここでIPアドレスは、cPanelのサーバー情報から取得します。

ドメイン名は、引越ししようとしているドメイン名です。

このように設定しておくと、手元のパソコンのブラウザで(URL)を入力するとmixhostの方を参照するようになります。

正しく移行できているか確認してみてください。

ちなみに、私の場合、「403 Forbidden」と表示されてしまいました。

理由を調べてみたところ、.htaccess にphpのバージョンを5.5に固定しているところがあったのでコメントアウトしておきました。

私の使っているmixhostのPHPのバージョンは、5.6.31 でした。

DNSの変更

手元のパソコンで動作が問題ないことを確認したら、ドメインをホストしているレジストラでDNSの設定を変更します。

AレコードのIPアドレスを、mixhostのIPアドレスに変更すればOKです。

DNSの変更後、伝播するまで最大で1日ぐらいかかるので、次の日まで待ちます。

SSL (https) の設定

mixhostでは、無料でSSLが付いてきます。

証明書は、エックスサーバーと同じく、Let's Encryptだと思います。

Let's Encryptについては以下をご覧ください。

Let's Encrypt 無料のhttps(SSL)証明書のインストール&セットアップ
このたび、 無料のhttps(SSL)証明書であるLet's Encryptをインストール&セットアップしてみました...

mixhostの場合、エックスサーバーと違ってSSLの設定などは特に必要がありません。

ドメインをmixhostに追加すると1日から3日程度で、自動的にSSL(https)が使えるようになります。

実際、引越した直後に、https でアドレスを開くと以下のように表示されましたが、

この接続ではプライバシーが保護されません

xxx では、悪意のあるユーザーによって、パスワード、メッセージ、クレジットカードなどの情報が盗まれる可能性があります。

NET::ERR_CERT_COMMON_NAME_INVALID

次の日は無事に、https で接続することが出来ました。

常時SSLに設定するには、WordPressで以下のように設定しておきます。

WordPressのサイトを常時SSL(https)に設定する手順
このたび、WordPressで運用している当サイトを常時SSL化したので、その手順をまとめました。 こ...

mixhost は速い!?

体感だけになってしまいますが、mixhostは、エックスサーバーよりもかなり速く感じます。

これは、私だけでなく多くの人が言っているので間違いないようです。

やはり、SSDのお蔭でしょうか。

まとめ

mixhostは、エックスサーバーに代わりレンタルサーバーのデファクトスタンダードになるかもしれませんね。

↓mixhost の申し込みはコチラ