レンタルサーバー最安は99YEN 円か?MySQL データベースが無制限でワードプレス (WordPress) が使える



レンタルサーバーで最安で、MySQLデータベースを無制限で使用できるのが99円レンタルサーバーです。

↓99円レンタルサーバーの公式サイトはコチラ

99YENレンタルサーバー

今回、データベース数無制限で安価な99円レンタルサーバーを見つけて契約してみました。

その理由と契約手順のメモです。

エックスサーバーでは「MySQLデータベースの追加設定可能な上限数に達しているため追加できません」

私が契約しているエックスサーバーは、安価、安定、ドメイン数無制限なのですが、一つ落とし穴がありました。

データベース数は、プランにより異なるものの50個から70個までしか作れません。

ドメイン1個無料のエックスサーバー(XSERVER)でワードプレスをインストールして設定する方法
安価で高速・多機能なレンタルサーバーであるエックスサーバー(XSERVER)がドメインプレンゼントキャンペーンをやっ...

image

(http://www.xserver.ne.jp/functions/ から引用)

エックスサーバーを契約した当初は見落としていた制約ですが、WordPressの場合、X10では、独自ドメインが50個までしか作れないことを意味します。

実際、51個目の独自ドメインを登録すると以下のようなエラーが表示されます。

image

MySQLデータベースの追加設定可能な上限数に達しているため追加できません。

エックスサーバーよかったんですが、仕方がありません。

そこで、ドメインを追加登録するために新しいデータベース数無制限のレンタルサーバーを探してみました。

MySQL データベース数無制限のWordPressを構築できる 99円レンタルサーバー

そこで、探し当てたのが、99円レンタルサーバーです。

↓99円レンタルサーバーの公式サイトはコチラ

99YENレンタルサーバー

image

(http://99yen.jp/43.html から引用)

文字通り最安と言っていいと思います。

「パワーユーザー200」を1年借りた場合、初期費用2,000円+12ヶ月5,980円 = 7,980円(税込)です。

この値段で、ドメイン数無制限、データベース数無制限で文字通り独自ドメインのWordPressを無制限に構築できます(転送量、ディスクサイズの制約はあります)。

99円レンタルサーバーの契約方法

99円レンタルサーバーの契約方法は、次の通りです。

99YENレンタルサーバー

をクリックします。

image

「パワーユーザー200」の「お申し込み」をクリックします。

image

お支払方法は「クレジット決済」が簡単で決済後、即使うことが出来ます。

image

必要事項を記入して決済が完了すると、お申し込み完了です。

メールアドレスに、ログインするURL、ユーザー名、パスワードが届いているのでログインしてみます。

image

image

これがマイページの画面です。

ドメインの設定やWordPressのインストールは、コントロールパネルからログインして行います。

コントロールパネルにログインします。

image

コントロールパネルは、「cPanel Accelerated」というもので、一般ユーザーには少し難しいものです。

IT屋さんとかある程度ITに詳しい人向きでしょうか。

99円レンタルサーバーで複数ドメインの追加とWordPressのインストール

お名前.com などでドメインを複数取得している人の場合、99円レンタルサーバーでWordPressを設定する方法は次の通りです。

ドメインのレジストラのDNS設定で99円サーバーのIPアドレスを設定

まず、該当ドメインのIPアドレスを99円サーバーのIPアドレスに設定しておきます。

これは、お名前.com などのドメインを取得したレジストラで行います。

ちなみに、設定すべきIPアドレス、99円レンタルサーバーでのIPアドレスは、ログイン後の

「統計」⇒「共有 IP アドレス」

というところで分かります。

image

通常、DNSの設定が有効になるのは、半日から最大で2日ぐらいかかることがあります。

99円レンタルサーバーでドメインを追加

99円レンタルサーバーのコントロールパネルの中で、

ドメイン⇒アドオンドメイン

からドメインを追加します。

image

image

アドオン ドメインを使用すると、ホスティング プロバイダーから許可を得たうえで、アカウントから追加ドメインをホストすることができます。 訪問者はアドオン ドメインの URL をブラウザーに入力することで、サイトのサブドメインにアクセスできます。

ここに設定したいドメインを追加します。

ドキュメントルートはドメインごとに異なる場所を設定する必要があります。
ちなみに日本語ドメインの場合、そのまま入りません。

punycodeである必要があります。

ピュニコードについては以下をご覧ください。

Punycode (ピュニコード) とは?C#で日本語ドメインを扱う時に必須なアルゴリズムを説明
Punycode って知っていますか? 日本語ドメインを扱う時のPunycode (ピュニコード) の...

ドメインの追加に成功すると次のように表示されます。

image

99円レンタルサーバーでWordPressをインストール

WordPressのインストールはコントロールパネル上にある「Softaculous Apps Installer」から行います。

WordPressを押します。

image

SoftaculousのWordPressインストーラーの設定画面が表示されます。

image

Choose Domainの一覧から先ほど設定したドメインを選択します。

In Directoryはデフォルトでwpと入っているので空にしておきます。

Admin UsernameはWordPressにログインするユーザー名を設定します。

Admin Passwordはパスワードを設定します。

Admin Emailは自身のメールアドレスを設定します。

Select LanguageはJapaneseを設定します。

「Install」を押します。

image

15秒程度でインストールされます。

このあと、http://(該当のドメイン)/wp-admin にてログイン出来ることを確認します。

99円レンタルサーバーで発生したエラー

99円レンタルサーバーで発生したエラーについてまとめました。

99円レンタルサーバーがBandwidth Limit Exceeded
趣味で使っている99円レンタルサーバーがBandwidth Limit Exceededというエラーを出しました。 Bandwidth L...

まとめ

いかがでしょうか?

「エックスサーバー」と「99円レンタルサーバー」を比較した場合、以下のようになると思います。

エックスサーバー

良い点

  • 高品質
  • わかりやすいユーザーインターフェース

悪い点

  • 高くはないけれど、99円レンタルサーバーと比較すると倍ぐらいの値段

以下もご覧ください。

ドメイン1個無料のエックスサーバー(XSERVER)でワードプレスをインストールして設定する方法
安価で高速・多機能なレンタルサーバーであるエックスサーバー(XSERVER)がドメインプレンゼントキャンペーンをやっ...

↓エックスサーバーの公式サイトはコチラ

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

99円レンタルサーバー

良い点

  • 恐らく業界最安
  • データベース数無制限で、ディスク容量を考えなければ無制限にWordPressをインストール可能

悪い点

  • 操作が難しい

↓99円レンタルサーバーの公式サイトはコチラ

99YENレンタルサーバー

最後まで読んでいただきありがとうござました。

この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。