iPhoneのiMessage SMS MMS とは?違い、比較、設定

スポンサーリンク
ITで知っておくべき知識

最近、iPhoneを使い始めています。

iPhone XS Maxのレビュー、色、ケース、壁紙、SIMフリー
諸事情で、iPhone XS Maxを買った。 私の場合、仕事でiPhone 5とかiPadを使ったことがあるけれど、メインで自分用のスマホをiPhoneにしたのは初めて。 Androidユーザーである私が、iPhoneを使って...

iPhoneの機能の中で、意外に便利に使っているのがiMessageです。

iMessageって、SMSやMMSとはどう違うのでしょうか。

SMSとは 電話番号で送るメッセージ

SMSは、ショートメッセージサービス(Short Message Service)の略です。

 

SMSとは、相手の電話番号が分かれば送信できるテキストメッセージです。

70字程度の文字や絵文字を送ることができます。

件名を付けることはできません。

 

英語では、単にTEXTと呼ぶこともあります。

例えば、

Can you text me?

は、「ショートメッセージを送って」という意味です。

MMSとは 携帯メール

MMSとは、マルチメディアメッセージングサービス(Multimedia Messaging Service)のことです。

 

MMSのサービスは、「@ezweb.ne.jp」や「@softbank.ne.jp」などのアドレスを使用して、文字、絵文字、件名、写真、動画などのデータを送ることができます。

NTT docomoはMMS非対応です。

 

MMSは宛先にメールアドレスを使って、文字、絵文字、件名、写真、動画を送ることから、機能そのものはEメールとほとんど同じです。

 

MMSとEメールの違いは、送受信の方式です。

 

MMSは、電話番号と携帯電話会社からのメールを使って送信しているので、メッセージを送ったときに1対1で直接相手の元に届きます。

一方、E-Mailでは、送られたメールは「サーバー」を経由して、相手の元に届きます。

 

iMessageとは Appleのメッセージサービス

iMessageはAppleが提供する、メッセージサービスです。

iPhone、iPad、iPod touch、Mountain Lion以降を搭載したMacで使用できます。

文字、絵文字、件名、写真、動画などのデータをリアルタイムで送ることができます。

 

 

iPhoneで普通に、電話番号を宛先にしたら、iMessageになっていた。

これは仕様なのかどうかのか。。。?

ただ、iMessageは、SMSに比べて文字数の制限がなくて、画像や多種多様な絵文字が送れるので便利です。

 

iMessageがSMSになる理由(青から緑に変わる)

ところで、iMessageがいきなりSMSになるという報告があります。

 

調べてみると、原因は主に以下の5つです。

 

1 iMessageの設定

「設定」アプリを開く
「メッセージ」をタップ
iMessageがオンになっているかを確認する。

 

2 相手がiMessageに対応していない

相手側はiPhoneを使っているか、及びiMessageがオンになっているかを確認する。

 

 

3 Appleのデフォルト設定

iPhoneにはデフォルトで「iMessage が利用できない場合は SMS でメッセージを送信」するようになっています。

このため、通信状況によっては、iMessage に切り替わった表示になっても SMS で送信されることもあるようです。

 

4 電波環境がよくない

5 Appleのサーバトラブル

これらに対する対策は特にありません。

 

 

コメント