SSLしたのにhttpsが「このサイトへの接続は完全には保護されていません」の原因と対処方法

スポンサーリンク
ITで知っておくべき知識

あるWEBサイトをSSL化しました。

ところが、いざhttpsで開いてみると、ブラウザのURLの横に ¡ マークが表示されています。

このサイトへの接続は完全には保護されていません

このサイトを目にする画像は、悪意のあるユーザーによって差し替えられたものである可能性があります。

 

これ何で???

解決方法をまとめてみました。

F12デバッグで Mixed Content: The page at '<URL>' was loaded over HTTPS, but requested an insecure image '<URL>'.

該当のURLを開いた状態で、ブラウザで、F12を押します。

 

すると、F12デバッグというモードに切り替わります。

 

警告されている場所を見てみると、以下のように表示されていました。

Mixed Content: The page at '<URL>' was loaded over HTTPS, but requested an insecure image '<URL>'. This content should also be served over HTTPS.
(index):145 Mixed Content: The page at 'https://aaa.bbb.ccc/' was loaded over HTTPS, but requested an insecure image 'http://aaa.bbb.ccc/wp-content/uploads/2016/09/logo.png'. This content should also be served over HTTPS.

 

この意味は、WEBサイトそのものは、https に切り替わったけれど、中身のコンテンツや画像の引用がまだhttpで書かれていると指摘しているようです。

 

解決方法としては、一つ一つ、httpのままのものをhttpsに変更する必要があるようです。

WordPressでは、画像参照を httpからhttpsに変更

WordPressで画像参照で警告の場合、修正方法は次の通りです。

 

該当のページを開きます。

httpで参照している画像があれば、httpsに変更します。

あるいは、同じ画像を再度、参照し直すだけでもOKです。

WordPressでは、記事の参照をhttpからhttpsに変更

WordPressで記事参照で警告の場合、修正方法は次の通りです。

 

該当のページを開きます。

httpで参照している記事があれば、httpsに変更します。

あるいは、同じ記事を再度、参照し直すだけでもOKです。

 

 

すべて変更して修正が終わったら、スーパーリロードして、ブラウザで再度確認してみます。

Chromeの場合、Ctrl+F5キーを押すことにより、スーパーリロードすることができます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました