Wii Uプレミアムセットとスマッシュブラザーズとスプラトゥーンを買ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このたび、Wii Uプレミアムセットとスマッシュブラザーズとスプラトゥーンを買ったので価格などをまとめてみました。

image

スポンサードリンク

Wii Uプレミアムセット、ベーシックセット、スプラトゥーンセット、スーパーマリオメーカーセット

Wii U本体にはベーシックセットとプレミアムセットがあります。両者の違いは次の通りです。

  • ベーシックセットは8GBのフラッシュメモリー内臓
  • プレミアムセットは32GBのフラッシュメモリー内臓

ベーシックセットは生産中止なので今更、買う必要はないです。

ゆえに今回、買う候補とメーカの希望小売価格は以下の通りです。

  • Wii Uスプラトゥーンセット 36,720円(税込)
  • Wii Uスーパーマリオメーカーセット 35,640円(税込)
  • Wii Uプレミアムセット 32,400円(税込)

これらの価格とAmazonの価格を比べてみました。

 

これは安いですね。

 

 
33,300円
これは生産中止のため買う必要ないです。候補から外します。

 

41,980円
これは、高すぎます。いくらなんでも。。。

 

35,150円
これも安いですね。
以上から、何もソフトウェアのセットになっていない素のWii U プレミアムセット shiro (WUP-S-WAFC) を買うことにしました。

スポンサードリンク

Wii とWii Uの比較

12/23の夜に注文したら、12/24日に届きました。アマゾン早い。ちなみに私はAmazonプライム会員ではありません。

DSC00149

箱は大きいなと感じました。

DSC00151

 

DSC00152

本体には、Wiiのように

Wiiを持っていない人は買っておくと便利ですが、なくても付属のWii U GamePadを使えば十分遊べます。

DSC00153

 

WiiとWii Uを横にならべてみました。

image

左側のWiiが角ばっているのに対して、右側のWii Uは丸みをおびています。
前から見た感じでは大きさは変わりませんが、Wii Uの方は奥行きがありWiiよりも大きめです。

 

image

WiiのACアダプタが手前で、Wii UのACアダプタが奥です。
Wii UのACアダプタが1.5倍ぐらいの大きさがあるようで、ちょっと邪魔になります。

 

image

付属のWii U GamePadですが、大きいなというのが素直な印象です。
買う前は、8インチタブレットぐらいかと思っていたのですが、小さ目のノートパソコンぐらいの大きさがあります。

このWii U GamePadですが、テレビのリモコンとしても使えます。私の自宅のテレビ、ToshibaのREGZA(レグザ)のリモコンの置き換えとして設定できました。

スポンサードリンク

スマッシュブラザーズとスプラトゥーンを買ってみた

スマッシュブラザーズとスプラトゥーンを買ってみました。

DSC00166

スマッシュブラザーズを買うには次の3通りあります。

最も安いアマゾンのダウンロード版で買いました。
アマゾンの場合、ダウンロード番号が発行されるので、その番号をWii Uで入力するとダウンロードが開始されます。

DSC00184

げっ、大乱闘スマッシュブラザーズは12GBもありました。

全部ダウンロードするのに11時間18分。。。。少し後悔しました。

 

次に、スプラトゥーンです。

DSC00167

以上から最も安い、アマゾンのパッケージ版を買いました。

どういうわけか、パッケージ版の方がダウンロード版よりも安いです。

ちなみに、Wii U スプラトゥーンセットの定価は36,720円なので、Wii Uプレミアムセット 32,095円とスプラトゥーン 5,263円 合計37,358円よりもやすいので価値はあります。
もっとも、Wii Uスプラトゥーンセットは限定発売なので、もはや定価では売っていません。

スマブラとスプラトゥーンを多人数で遊ぶには

スマブラを多人数で遊ぶには、Wii U付属のWii U GamePad以外に、WiiのWiiリモコンがあれば遊べます。

ただし、スプラトゥーンでは、Wiiリモコンは使えません。
スプラトゥーンを複数で遊ぶには、以下のどちらかの機材を買う必要があります。

 

1,645円

 

当然、高価なWii U PROコントローラーの方が高性能です。

まとめ

PlayStation 4に比べて、出荷台数の点では水を開けられた感のあるWii Uです。

ただ、スーパーマリオメーカー、スプラトゥーンが今年ヒットしたおかげで出荷台数も伸びつつあるようです。
もう少し遊んでみて体験レポートを書いてみます。

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です