給湯器の修理・交換 (ノーリツ GTH-2417AWX6H 24号) がエラーコード103 買い替え時期は10年?



自宅の給湯器が、エラーコード103というエラーを出すようになりました。

そこで、修理の人に来て調べてもらいました。

ノーリツの給湯器のエラーコード 103

給湯器に表示されるエラーは次の通り、「103」です。

これは何なんでしょうか?

ノーリツの取扱説明書によると、

103: 暖房燃焼異常(警告表示)

[商品種類] ガス・石油

[処置] 安全のために点検を受けて下さい。

点検を受けろっていうのは、修理の人を呼べって事ね。

という訳で、修理の人に見てもらいました。

ノーリツ GTH-2417AWX6H 24号を開封

修理の人は一酸化炭素が出ていないかとか調べる器具を持っているので、それで異常がないことを確認してから、給湯器ノーリツ GTH-2417AWX6H 24号の蓋を開けてくれました。

これが、ノーリツ GTH-2417AWX6H 24号の外側。

ノーリツ GTH-2417AWX6H 24号を開けてみた所です。

左側が、追い炊き、床暖房です。

右側が、シャワー、キッチンの温水です。

修理の人によると、

今回の103エラーの原因は、左側の部品に経年で詰りが生じているらしいとのことです。

単純に掃除すれば、修理代は、15,000円ほどだそうです。

ただ、10年も経過しているとすぐに、また詰りが起きる可能性はあるとのことです。

左側の部品を丸々交換すれば、6万円ぐらいかかるそうです。

ただ、やっぱり10年経過しているために、右側の故障とかその他の故障が起こる可能性もあるようです。

給湯器は、テレビやエアコンなどの家電製品と同じで、10年程度で買い替えるのがよいようです。

※修理に来た人はいい人だったようで、「私の口からは買い替えについては何とも言えませんけど」と言っていましたけれど。

給湯器の買い替えは40万円以上する?

という訳で、給湯器を買い替えようとしましたが、なんと工賃込みで42万3000円でした。

この辺りの価格は、東京ガス、大阪ガス等の大手の代理店は大体そのような価格が設定されているようです。

厳しいね。。。高い。

給湯器を安く設置できる業者調べ

そこで、なんとか安く交換できないか調べてみました。

そこで、見つけたのが、住宅設備直販センターです。

関東、関西に出張対応可能で、ノーリツ (Noriz)、リンナイ (Rinnai) の給湯器に対応しています。

給湯器交換に実際にかかった費用

で、このサイトを使って実際に給湯器を交換してみました。

給湯器交換に実際にかかった費用は次の通りです。

Before 買い替え前の機種:NORITZ ノーリツ GTH-2417AWX6H 24号

After 買い替え後の機種:NORITZ ノーリツ エコジョーズ GTH-C2451AW6H BL 24号

ノーリツ24号ガス温水暖房付ふろ給湯器のフルオートタイプです。キッチンやシャワーなどの給湯と、浴槽への自動湯はりやおいだきに加え、温水暖房まで1台でトータルにまかなうことができます。省エネタイプでガス消費量の少ないエコジョーズ給湯器なので、給湯も追いだきも高効率で、月々のガス代がお安くなります。

本体特別価格206,000円(税抜)
リモコン特別価格14,300円(税抜)
基本工事費45,800円(税抜)

合計266,100円(税抜)

当初見積もりの42万円より16万円も安くなりました。

見積もりをもらってからすぐに注文したので、作業は1週間後にしてもらいました。

マンションだったのですが、3人作業の人が来ていただけました。

作業時間はおよそ2時間ぐらいです。

ちなみに、最初は価格COMとかで調べて、自分で給湯器を買って自分で交換してみようかと調べてみました。

調べてみて分かったのですが、ガス管の接続には、「ガス可とう管」の資格が必要です。

DIYが得意だから、素人の日曜大工やってみようっていう訳にはいかないので、専門の業者さんに任せましょう。