Wi-Fiとは?Bluetoothとは?違いは何?同時使用で干渉、遅くなる?なしで使える?

スポンサーリンク
ITで知っておくべき知識

BluetoothとWi-Fiってどちらもワイヤレスの規格ですが、両者の違いは何なんでしょうか?

BluetoothとWi-Fiには特徴に大きな違いがあり、用途も大きく異なります。

Bluetooth (ブルートゥース) とは?

Bluetooth (ブルートゥース、ブルーツース) は、デジタル機器用の近距離無線通信規格の1つ。

数mから数十m程度の距離の情報機器間で、電波を使い簡易な情報のやりとりを行うのに使用されます。

2.4GHz帯を使用してPC(主にノートパソコン)等のマウス、キーボードをはじめ、携帯電話、PHS、スマートフォン、タブレットでの文字情報や音声情報といった比較的低速度のデジタル情報の無線通信を行う用途に採用されてます。

 

Wi-Fi (ワイファイ) とは?LTE/3Gとの違い

Wi-Fi (ワイファイ) とは、無線LANに関する登録商標です。

Wi-Fiのルーターがインターネットに通じていると、Wi-Fiを通じてインターネットにアクセスが可能になります。

Wi-Fi には、2.4GHz帯と5GHz帯があります。

 

2.4GHz帯の方が古いので多くの端末が対応しています。

一方で、後発の5GHz帯は高速です。

GoogleのNexus 7で5GHz帯に接続する方法をまとめました。

Google Nexus 7(2013)で5GHz帯の無線LAN(Wi Fi)に接続する方法
Google Nexus 7(2013)をこれまで、Wi-Fiで接続して使っています。 Nexus 7については以下にまとめました。 最近特に無線LANのアクセスポイントから離れた別の部屋から使おうとする...

 

スマホで、インターネットに繋がる方式として、3G/LTE/4Gがあります。

3G/LTE/4Gは、スマートフォンや携帯電話用の通信網のことです。

利用エリアが広く、外出先でも便利にインターネット接続できますが、速度が遅めです。

その点、Wi-Fiは、ネット接続に自宅の回線を使うので高速です。

 

LTEについては、以下にまとめました。

LTEとは?Wi-Fiや3G、4Gとの違いと意味、速度、au、ドコモ、ソフトバンク
スマホで、「3G」 (スリージー)、「4G」(フォージー)、「LTE」(エルティーイー) といった言葉をよく目にするようになりました。 これらは、すべてモバイル通信の規格を表しています。 スマホでよく使われるLTEと...

 

Bluetooth Wi-Fi が切れる?同時使用で干渉する?、遅くなる

2.4GHz帯は、Bluetooth、Wi-Fi、無線マウス等、多くの無線機器が使用しています。

そこで、Bluetooth、Wi-Fi、無線マウスが切れる、遅くなる際の注意点をまとめます。

 

作動を狂わす可能性のある機器リスト

  • USB3.0/3.1規格の機器
  • 電子レンジ
  • コードレスホン

一番濃厚なのはUSB3.0/3.1です。

USB3.0/3.1は2.4GHz帯に妨害電波を出します。

電磁波対策をしていないUSB機器(ハブ、USBメモリ、USBディスク)をWiFi、Bluetooth、

無線マウスの動きがおかしくなりやすいです。

 

USB機器を接続しているならばそれを全部外してください。

それで解決するならば、接続しているUSBが原因です。

 

 

また、Wi-FiとBluetoothを同時使用すると、どちらかが切れる、遅くなるという状況もあるようです。

両者は同じ2.4GHz帯を使うために干渉するようです。

このような場合、Wi-Fiでは、5GHz帯を使うしか方法はありません。

 

Bluetoothは、Wi-Fi (ネット) が必要?なしでも使える?

Bluetoothはネット環境を利用しないので、Wi-Fi無しでも使えます。

Bluetooth対応のマウス、キーボード等のデバイスは、接続できるパソコンさえあれば、使うことが出来ます。

Bluetooth Wi-Fi 消費電力を比べると

Bluetoothの方が、Wi-Fiに比べると、通信速度も通信距離も劣りますが、消費電力が少ないというメリットがあります。

Wi-Fiは通信速度が高いのがメリットですが、消費電力が激しく、Wi-Fiを利用しているデバイスのバッテリーが消耗しやすいというデメリットがあります。

 

 

コメント

  1. […] […]