東京 大阪 間を格安で移動する方法 新幹線、飛行機、夜行バスの比較

例えば、大阪から東京までの1週間後の出張が決まったとして、新幹線、飛行機、夜行バスを比べてみてなるべく安く移動する方法を探してみました。
これから紹介する価格は、予約タイミング時期で買えないケースもあるし、移動したい時間帯の制約とかありますが、大雑把な目安にはなるかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新幹線で大阪から東京へ移動する

やっぱり一番ノーマルでシンプルなのは新幹線を使う方法でしょう。
新幹線は新大阪駅から品川駅、東京駅まで行くので、その後、目的地に行くのにも便利ですね。

以下のサイトが新幹線の値段を調べるのに便利でした。

のぞみ新幹線ナビ
http://hikari-bb.jp/faresearch/%E6%9D%B1%E4%BA%AC-%E6%96%B0%E5%A4%A7%E9%98%AA

価格は次の通りです。

14,450円 のぞみ普通車指定席 通常期
乗車券(運賃8,750円)+指定席特急券(通常期特急料金5,700円)

14,140円 普通車指定席 通常期
乗車券(運賃8,750円)+指定席特急券(通常期特急料金5,390円)

13,940円 ICサービス(プラスEX)(普通車指定席用)
プラスEX会員のみ プラスEXカードで乗車 普通車指定席用

13,690円 新幹線回数券(普通車指定席用)
6枚セットの1枚あたりの値段 3ヶ月間有効 普通車指定席用

13,620円 普通車自由席
乗車券(運賃8,750円)+自由席特急券(特急料金4,870円)

13,570円 e特急券(普通車指定席用)
エクスプレス会員のみ e特急券を発券して乗車 普通車指定席用 乗車券(運賃8,750円)+e特急券(特急料金4,820円)

13,370円 EX-ICサービス(普通車指定席)
エクスプレス予約会員のみ EX-ICカードで乗車 普通車指定席用

12,340円 IC早特(タイプB)
3日前までに予約 エクスプレス予約会員のみ EX-ICカードで乗車 「ひかり」か朝6時台発「のぞみ」を利用 普通車指定席用

12,340円 IC早特(プラスEX)(普通車指定席用)
3日前までに予約 プラスEX会員のみ プラスEXカードで乗車 「ひかり」か朝6時台発「のぞみ」を利用 普通車指定席用

11,200円 こだま☆楽旅IC早特
3日前までに予約 エクスプレス予約・プラスEX会員のみ ICカードで乗車 「こだま」グリーン車利用 席数限定

10,300円 ぷらっとこだま 普通車指定席プラン(通常期)
JR東海ツアーズの旅行商品 通常期の旅行料金 前日までに購入 「こだま」普通車指定席利用 列車限定・席数限定 変更不可

同じ新幹線でもこんなに沢山のプランがあるんですね。
ちなみに金券ショップでは13,750円でした。

エクスプレス会員向けですが、IC早特(タイプB)はおすすめです。
3日前までに予約をして、EX-ICカードで乗車します。
乗車駅を朝6時台に発車する「のぞみ」と終日の「ひかり」に乗ることが出来て、12,340円です。

ぷらっとこだまは、こだま号が自由に選べて、1ドリンク引換券つきです。ソフトドリンクや350mlのビールに引き換え可能です。
ぷらっとこだまは安いですが、片道4時間かかります。
のんびり旅行気分ならこれでもよいです。

飛行機で大阪から東京へ移動する

飛行機で大阪から東京へ行く場合、神戸空港、伊丹空港、関西国際空港から羽田空港または成田空港に行く方法を調べてみました。
最近は、LCCと呼ばれる格安航空会社もありますが、以下のサイトを使うと航空会社にこだわらずに横断的に検索することができました。

航空券.net http://www.kokuken.net/

価格は次の通りです。往復での割引価格です。片道価格は参考価格で片道だけではもっと高くなります。

JALで往復 28,440円 伊丹空港・羽田空港の往復(片道14,220円)

スターフライヤー 23,820円 関西国際空港・羽田空港の往復(片道11,910円)

ジェットスター・ジャパン 12,500円 関西国際空港・成田空港の往復(片道6,250円)

スカマーク 18,800円 神戸空港・羽田の往復(片道9,400円)

大阪の都心から関西国際空港、東京の都心から成田空港まではかなり遠いので、スターフライヤーやジェットスターのプランはあまりオススメできません。

意外に便利で安いのが、スカイマークです。
三宮から神戸空港はポートライナーで19分でつきます。

よって空路ならスカイマークはお勧めです。

夜行バスで大阪から東京へ移動する

夜行バスは日帰りできませんし、夜中走るために疲れることもありますが、値段は安いので安く行くなら使えます。
いろいろな夜行バスが出ていますが、横断的に検索するなら、楽天トラベルのバスツアーが便利です。

楽天トラベルのバスツアー
http://travel.rakuten.co.jp/bus/

路線と日付を入力すると様々なバス会社を横断的に検索できます。

大阪から東京までの価格は2,400円から8,900円でした。

夜行バスは、休憩場所で起こされるのと事故が心配なところです。
私は、ちょっと奮発してWILLER EXPRESS「コクーン」に乗ったことがあります。

image
(http://travel.willer.co.jp/seat/cocoon/)

コクーンは2列シートで、個室のパーティションのような空間になっています。
テレビとかのモニターもついており、ゲームもプレイできるようです。
またシートが140度とかなり倒すことができます。
飛行機のファーストクラスみたいなイメージでしょうか。

私は最初はウキウキして乗ったのですが、実際は寝るだけで、テレビとかはほとんど見なかったです。
あと、コクーンには車内にトイレがないために2時間おきに起こされるのでちょっときつかったです。

という訳で期待ほどではなかったですが、夜行バスは元々安いのでちょっと奮発してみてもよいでしょう。

まとめ

ここで紹介した以外の方法では、青春18切符とかもありますが、片道3時間以内での移動という条件をつけた場合、次の2つのプランが特にお勧めできます。

  • 新幹線 IC早特(タイプB)片道12,340円、往復24,680円 新大阪・東京
  • スカマーク 18,800円 神戸空港・羽田の往復

最後まで読んでいただきありがとうござました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。