Unreal Engine 4(アンリアルエンジン)が無料になったので使ってみたら、綺麗だけど重かった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで、月19ドル(約2300円)の月額料金で提供されていたUnreal Engine 4が、2015年3月3日から無料になりました。

さっそく使ってみました。

 

スポンサードリンク

いまやらないで、いつ始めるの?

あまりにベタですが、https://www.unrealengine.com/ja/what-is-unreal-engine-4には以下の通り書かれていました。

 

「使用料無料」「5%のロイヤリティ」

「いまやらないで、いつ始めるの?」 ちょっと古い。。

 

image

 

 

スポンサードリンク

Unreal Engine 4とは?

Unreal EngineはEpic Gamesによって開発されたゲームエンジンです。

Epic Gamesは、1991年にアメリカで設立されたゲーム開発会社です。

Unreal Engine 4は文字通り、Epic Games社の4世代目のゲームエンジンと考えてよいでしょう。

 

Unreal Engine 4は2012年にリリースされました。

クロスプラットフォームであり、Microsoft Windows、Linux、Mac OS X、Xbox One、PlayStation 4、HTML5、iOS、Android、Oculus Rift、Ouyaをサポートしています。

Unreal Engineと同様のゲームエンジンとしてはUnityが有名ですが、Unreal Engine 4はUnityより描画がきれいです。

 

スポンサードリンク

Unreal Engine 4が無料になった理由

 

Unreal Engineのホームページには以下の通り記載されています。

 

UE4はどなたにでも無料でダウンロードしていただくことが可能になりました。将来のアップデートもすべて無料です!

ダウンロードしたUE4は、ゲーム開発や教育、建築、ビジュアライゼーションやVR、映像制作やアニメ等、様々な用途にご利用いただけます。ゲームやアプリケーションを制作・販売された場合には、四半期ごとの総売上のうち3千ドルを超えた部分に対して5%のロイヤリティが発生します。UE4ユーザーの皆様が成功を収めて初めて、我々Epicもそのお裾分けをいただくというビジネスモデルです。

(https://www.unrealengine.com/ja/blog/ue4-is-free)

 

ゲームエンジンが無料になった分、四半期ごとに総売り上げのうち30千ドル(約36万円)を超えた部分に対して5%のロイヤリティを支払う必要があります。

いわゆるレベニューシェアモデルですね。

 

なんとなく、App Storeやと同じようなビジネスモデルですが、App Storeの場合、iOS Developer Programの年間参加費が11,800円かかり、かつ、ソフトの売り上げの30%が手数料として取られることを考えると安めですね。

 

それにしても5%とか正確に図る手段がないので、おそらく申告制になるのだと思います。

そのうち、ウソ申告するソフト会社が出ないかどうか心配になりますが、きっとそんなこと出来ないんでしょうね。

 

Unreal Engine 4をインストールしてみた

それでは、さっそくUnreal Engine 4をインストールしてみます。

まず、ブラウザで、https://www.unrealengine.com/ja/blog/ue4-is-freeを開きます。

 

image

 

右上のダウンロードから「ダウンロード」を押します。

ユーザー登録が必要です。

 

image

 

ディスプレイネームのところで、何回やってみても「選択した表示名に不適切な文字が含まれているため命名規則の要件を満たしていません。」と表示されて困ったのですが、どうやら重複しているか何かが原因のようです。

別の名前を入れるとサインアップ出来ました。

 

ライセンスに同意すると以下のダウンロード画面が表示されます。

 

image

 

ダウンロードします。

 

image

「インストール」を実行します。

 

インストールが完了すると以下の画面が表示されます。

 

image

 

ここで、登録したユーザーで「サインイン」します。

さぁ、Unreal Engine 4のスタート!と思いきや。。。どうも違う。

 

image

 

これは単なるラウンチャーでした。
思い直してラウンチャーから「Unreal Engine 4」を押してみます。

 

image

 

 

ここからどう進むんだろう?と迷って「ライブラリ」タブを押しました。

 

image

ありました!エンジンのインストール画面。

ホームページで最初からダウンロードできるようにしてよ。。。。わかりにくい。。。とつぶやきます。

 

インストールを押してライセンスに同意してダウンロードを開始します。

 

image

 

遅い。。

 

重い。。

 

特に以下の「検証中」画面。。。30分以上待ちました。

 

image

 

 

最後に以下の画面が表示されるので「修復」を押します。

 

image

 

日本語が奇妙ですが、おそらく、Unreal Engine 4のプロジェクトの拡張子をランチャーと関連付けているのでしょう。

 

インストールが完了してようやくUnreal Engine 4を起動することが出来るようになりました。

 

image

 

インストールだけでも1時間以上かかったと思います。

 

Unreal Engine 4を起動してみた

 

それでは、Unreal Engine 4を起動してみます。

 

image

 

完全ではないですが、日本語化されているようです。

 

「ブランク」「スターターコンテンツを伴う」を選択して「プロジェクトを作成」を押します。

 

WS000290

こんな感じで開きました。

 

取り急ぎ、以下のアンリアルエディタのクィックスタードガイドをやってみることとします。
https://docs.unrealengine.com/latest/JPN/Engine/QuickStart/index.html

 

クィックスタートガイドに沿って2時間ぐらい悪戦苦闘して以下の感じになりました。

 

WS000311

 

すごいのは分かったので、もっとすごいサンプルを探してみます。

 

Unreal Engine 4のリアルなサンプル

 

ラーニングのところで「リアルなレンダリング」を見つけたのでダウンロードしてみます。

 

image

 

 

ダウンロードしたプロジェクトを開いてビルドします。

 

WS000325

 

起動してみました。

 

 

おおおおお。綺麗。。キレイすぎる。まるで実写のようです。

 

WS000332

 

WS000333

 

 

WS000334

 

WS000335

 

 

私の使っているPCは以下のPCで、Core i5でメモリ8GB、グラフィックはオンボードです。
Panasonic Let’s note CF-LX3JEAWR(レッツノート)を徹底的に使ってみました WEB限定購入サイト

 

描画中のCPU負荷は以下の通りです。

 

WS000341

 

何もしなくても、常時CPU負荷は50%ぐらいです。

Unreal Engine 4は、超綺麗だけど、超重かった(CPUもディスク容量も)というのが正直な感想です。
でも使ってみたい。

 

すでに日本語の書籍も出ていますね。

 

 

Unreal Engine 4 ネットワークゲーム開発入門 (Game developer books)

 

Unreal Engine 4で極めるゲーム開発:サンプルデータと動画で学ぶUE4ゲーム制作プロジェクト

 

Unreal Engine 4マテリアルデザイン入門

 

UnrealEngine4建築インテリアビジュアライゼーション

 

 

Unreal Engineは ゲームエンジンですが、ゲームだけでなく建築系のビジュアライゼーションでも使えます。

また、ブループリント(Blue Print)という機能を使えば、プログラムを書かずに使うことが出来ます。

 

おまけ Unreal Engineのすごいプロジェクトが売られています

とても綺麗なゴージャスな家のUnreal Engineのプロジェクト Riviera House は369ドルで売っています。
https://ue4arch.com/shop/complete-projects/riviera-house/

 

 

 

 

車 (BMW)のUnreal Engineプロジェクトは275ドルで売っています。

https://ue4arch.com/shop/complete-projects/car-customization-system/

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 中村 より:

    アンリアル4ダウンロードすると、このインストールパッケージにこの種類のプロセッサーでサポートできませんと表示されダウンロードが出来ないのですが、やり方教えて下さい

  2. うらした より:

    私はこの記事の通りのダウンロード方法で問題なく行ったので、ちょっとわかりません。
    ひょっとしたら32bit版(x86)と64bit版(x64)の違いがあるのかもしれません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です